お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

妻は「5」の宮沢賢治を読んでいる。 僕は「4」のクリシュナムルティを読んでいる。 宮沢賢治は故郷や大地に根差した「4」を語り、クリシュナムルティは伝統の破壊や常識への革命という「5」を語る。 逆数的な「ねじれ」の妙。

‪てなわけで3年4ヶ月ぶりに牡鹿半島付け根にある「Cafeはまぐり堂」へ。‬ ‪前回は名物の鹿カレーを食べたけど、今日は喫茶だけ。‬ ‪クリシュナムルティの著書が置いてあると、僕が読んじゃうじゃないか。‬ ‪帰りのバスは17時頃だから、ここでのんびりするとしよう。‬

てなわけで3年4ヶ月ぶりに牡鹿半島付け根にある「Cafeはまぐり堂」へ。 前回は名物の鹿カレーを食べたけど、今日は喫茶だけ。 クリシュナムルティの著書が置いてあると、僕が読んじゃうじゃないか。 帰りのバスは17時頃だから、ここでのんびりするとしよう。 t.co/wHYW9afsKG 後藤貴司という逆数秘術 on Twitter https://twitter.com/gotsuo/status/980693073356210176/photo/1?utm_source=fb&utm_medium=fb...

...今日から朝顔。こんなペースでは仕方がない。今日は文藝対話集の推敲、セラフィン指揮、カラスのアイーダ、林田明大氏『真説陽明学入門』第二部が終り、第三部。第二部で林田氏はゲーテ、シュタイナー、クリシュナムルティを語りながら陽明の基本思想「良知」や「四句教」を読み解くが、私がこれから取り組む人間論の上で実に啓示的だった。日本思想の文脈で陽明学の確認を、と思ったのだが、認識論、認識論を越えた霊的...

...いる記事というか読み物だと思う。 「世界を動かしているのは、真相ではない。われわれの心を動かすのは印象であり憶測であり予断であり不安だ」 まさにその通りで、人は安倍支持とか反安倍とかの自分のイデオロギーの色眼鏡を通してしか物が見えないものなのだな。なんかクリシュナムルティがいいそうなセリフだけど。 佐川氏証人喚問視聴記 business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15...

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

クリシュナムルティの分析グラフ

ツイート数の推移

トレンド(16:26時点)

この検索結果をシェア