お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

ベストツイート

示差走査熱量測定(しさそうさねつりょうそくてい、Differential scanning calorimetry、DSC)は、測定試料と基準物質との間の熱量の差を計測することで、融点やガラス転移点などを測定する熱分析の手法である。 #分析化学

MSは高電圧をかけた真空中で試料をイオン化すると、静電力によって試料は装置内を飛行する。飛行しているイオンを電気的・磁気的な作用等により質量電荷比に応じて分離し、その後それぞれを検出することで、m/zを横軸、検出強度を縦軸とするマススペクトルを得るこ #分析化学

示差走査熱量測定(しさそうさねつりょうそくてい、Differential scanning calorimetry、DSC)は、測定試料と基準物質との間の熱量の差を計測することで、融点やガラス転移点などを測定する熱分析の手法である。 #分析化学

吸収分光は、試料に光を照射して透過光(場合によっては反射光)の強度を測定し、吸収の程度を照射した光子のエネルギー(光の波長)の関数として表す。もっとも広く行われている分光法である。 #分析化学

光音響分光法などの光熱分光法では、試料に光を照射したときに試料がそのエネルギーを吸収し励起状態になりそこから光を放出せずに緩和して熱を発生することによって起こる物理現象を測定する。 #分析化学

分光法(ぶんこうほう、spectroscopy)とは、物理的観測量の強度を周波数、エネルギー、時間などの関数として示すことで、対象物の定性・定量あるいは物性を調べる科学的手法である。 #分析化学

Quality Design Co., Ltd。。。様々なデータを分析装置、各種センサー、多変量統計解析ソフトウェアを用いて統合的に見える化を行います。q-dsn.co.jp/company.html #分析化学

NETZSCHのTG 209 F1 Libra®。高い要求にお応えする真空タイトなマイクロ熱天秤。ベースライン補正測定が必要ありません。netzsch-thermal-analysis.com/ja #分析化学

分光分析とレーザー走査顕微鏡のプロであるナノフォトンが開発した、世界最速、最高画質を誇るレーザーラマン顕微鏡 RAMANtouch。350nmの空間分解能を保障!nanophoton.jp/products/raman… #分析化学

勉強,レポート作成/論文執筆,研究発表/プレゼンテーションについて,主に卒業や修了を目指す学生へのアドバイスの一覧 - goo.gl/xGL7KJ via DreamChaserJPN #分析化学

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#分析化学の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(12:19時点)

この検索結果をシェア