お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
すべてのサイト»
更新日時順»

『角福印』(かくふくいん) 古伊万里や伊万里の器の裏に、四角い枠の中に『福』の字を書いて印されたもの。様々な書体で書かれています。#かくふくいん#角福印#古伊万里 #伊万里焼 #japaneseantique #antiques #antique #oldimari #imari #和食器のある暮らし #和食器

ずっしりとし重さと厚みの『くらわんか』のお皿。絵柄がお気に入り。 #くらわんか #江戸時代中期 #大坂淀川#皿 #一膳飯屋 #和食器のある暮らし #和食器 #japaneseantique #antiques #antique

手のひらにしっくりくる直径7㎝位の重みと厚手の『くらわんか』のぐい呑#くらわんか #ぐいのみ #江戸時代中期 #japaneseantique #antiques #antique #和食器のある暮らし #和食器

『くらわんか』江戸時代中期から、盛んに作られた使い捨ての厚手で素朴な染付茶碗のこと。大坂淀川を渡る商人の胃袋を支えた一膳めし屋の器。大坂淀川に船を浮かべ「めし、くらわんか!」という威勢のいい掛け声が、その名の由来。ずっしりとした重い『くらわんか』は、雑器の中でもまた違った魅力を持つ器です。 #くらわんか#江戸時代中期#japaneseantique #antiques #antique #和食器のある暮らし #和食器

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#和食器のある暮らしの分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(18:25時点)

この検索結果をシェア