自動更新

並べ替え:新着順

ベストツイート
メニューを開く

【EP2-42 人妻の生保レディ】 ゆうな「次だね。次はちゃんとしたところで…」 僕「……」  「…うん。そうだね。」 こんな関係いいわけない。だけどもう2人は止められないところまできていた。 僕「服着よっ。」 ゆうな「うん。」 #官能小説 #大人の物語 #18禁

大人の物語🔞 紳士男爵 @sindan_0501

メニューを開く

2人はいけない関係に足を踏み入れた。 完 #官能小説 #大人の物語 #18禁

大人の物語🔞 紳士男爵 @sindan_0501

メニューを開く

【EP2-41 人妻の生保レディ】 僕「ありがとう!」 ゆうな「ほんとは私の中に入れて欲しかった……」 僕「今日ゴム持ってないから…。ゆうなの事、雑に扱いたくないから今日のところは…」 ゆうな「わかってる…笑」    「嬉しい、ありがとう//」 #官能小説 #大人の物語 #18禁

大人の物語🔞 紳士男爵 @sindan_0501

メニューを開く

ズチュズチュックチュズチュ・・・ 「ああぁっぅ・・もうだめ・・私・・ああっ・・どうにかなりそう・・」 「はぁ・・ほら・・・くっ・・・欲しかったんでしょ?・・・」 「だめっ・・・こんなの・・・あっ・・・い・・イク・・・イっちゃう・・・」 #官能小説

官能小説bot @simomuraakari

メニューを開く

会社では上司でもベッドの上ではメス奴隷の薫さん |メルティーノベル #官能小説 #女性向け #メルノベ melty-novel.com/?p=1927&utm_so…

メルティーノベル 女性のための官能小説 @MeltyNovel

メニューを開く

堕ちる 秘色の女子アナ (悦文庫) is.gd/Kt3uuq #官能小説

大人の図書室 @adult_bookshelf

メニューを開く

何も見えなくなるほど感じ過ぎている私に、彼は追い討ちをかけるように後ろのバイブと彼自身の抽出をふたたび交互に動かすと、私の思考はすべて溶けおち、押し寄せるエクスタシーの波に溺れたい・・それだけしか考えられなくなっていた。 #官能小説

官能小説bot @simomuraakari

メニューを開く

(だめ・・・こんなにされたら・・・私・・・おかしくなっちゃう・・・。) #官能小説

官能小説bot @simomuraakari

メニューを開く

「やぁぁ・・・・・あっ・・・・ああっ・・」 「すごい・・またこんなに締め付けて・・・はぁ・・・くっ・・・」 後ろのバイブが唸りをあげ、ローターが花芯を刺激し、そして彼自身が私の身体を突き上げる。 #官能小説

官能小説bot @simomuraakari

メニューを開く

〈120〉  裕子はすぐに返すと、 「わたしも健一くんのことは好きよ」  と続けた。 「本当ですか!?」  健一の目が上がって、希望の光がきらめくのを見た裕子は、 「念のために聞きたいんだけど、わたしのことを女性として好きだっていうことなんだよね?」  と訊いた。#官能小説

まゆかん/官能小説家 @mayukansub

メニューを開く

〈119〉 そんな敬愛だか親愛だかの念であれば、これほど思いつめた表情で言うことではないだろうし、そもそもがわざわざ口に出して言うことでもないような気もする。 「……ご迷惑でしょうか」  健一は、その綺麗な瞳を伏せるようにした。 「め、迷惑なんてことないわよ」#官能小説

まゆかん/官能小説家 @mayukansub

メニューを開く

〈118〉 裕子は考えた。「好き」と言ったって、色々あるではないか。恋愛的な意味ではなく、敬愛的な意味とか、親愛的な意味とか。彼は、それらをあらわにしただけではないかと思ったのである。しかし、それは自分に都合のいい考えに過ぎないと裕子はすぐに思い直した。#官能小説

まゆかん/官能小説家 @mayukansub

メニューを開く

〈117〉  裕子はとりあえずそう返した。好意を向けてくれているのだから、しかも、それがこちらからも好意的に見ている青年なのだから、感謝の言葉を与えてもいいだろう。 ――ちょっと待って……。  もしかしたら、恥ずかしい勘違いをしているのではないかと、#官能小説

まゆかん/官能小説家 @mayukansub

メニューを開く

〈116〉 まさかこの年になって告白されるとは思わなかったし、ましてその相手が息子の友人なのだから、なおさらである。しかも、こちらは夫がいる身なのだから、そもそも誰から告白されたところで、それを受け入れるわけにはいかないのだ。 「あ、ありがとう」#官能小説

まゆかん/官能小説家 @mayukansub

メニューを開く

〈115〉 すると健一は、裕子の方を向いた。その目には、泣きそうな色がある。 「ずっと裕子さんのことが好きでした。……好きです」  裕子は絶句した。今度は空耳ではないだろう。これが空耳だとしたら、何かの病である。裕子はどう答えればよいのか全く分からなかった。#官能小説

まゆかん/官能小説家 @mayukansub

メニューを開く

〈114〉 含んだコーヒーを噴き出しそうになった。それを何とか抑えて、ごくりと飲み込んだあとに、カップを置いてから健一の方に体を向けると、 「今、何て言ったの?」  と尋ねた。確かに今、自分のことが好きだと聞こえたけれど、空耳に違いないと思ったのである。#官能小説

まゆかん/官能小説家 @mayukansub

メニューを開く

〈113〉 「ゆっくりでいいからね」  そう断ってから、裕子はほわほわと湯気を上げているコーヒーのカップに手を伸ばした。そうして、カップのふちに唇をつけて、一口すするようにする。そのとき、 「ぼく、裕子さんのことが好きなんです」  とだしぬけに聞こえてきたので、#官能小説

まゆかん/官能小説家 @mayukansub

メニューを開く

〈112〉 聞くことはできるわけで、それでもって悩んでいる気持ちが多少は和らぐかもしれない。 「……お願いします」  と言った健一だったが、そういったきり、なかなか話を切り出さなかった。裕子は、急かさないようにした。今日はいくらでも時間があるのである。#官能小説

まゆかん/官能小説家 @mayukansub

メニューを開く

〈111〉 自分でしかけたことながら、胸の谷間に気を散らしていては、きちんと相談事を話すことはできないだろうと健一を気遣ったのだった。 「じゃあ、聞きましょう。健一くんの悩みを」  裕子は言った。自分が彼の何かしらの力になれるとはやはり思えないが、#官能小説

まゆかん/官能小説家 @mayukansub

メニューを開く

〈110〉  裕子は、二人分のコーヒーを淹れ終えると、健一をリビングへと誘った。そうして、彼が座った隣に並んで腰を下ろす。 「この方が話しやすいでしょ?」  と理由を付けたが、本当にそうかどうかは知らない。ただ前に座っていると、乳房に集中されるかもしれないと思ったのである。#官能小説

まゆかん/官能小説家 @mayukansub

メニューを開く

〈109〉 今さら気が付いた。健一の相談に乗らなければいけない。 「時間、大丈夫? お母さん、心配なさらない?」 「大丈夫です。今日はちょっと遅めに帰ることを伝えてありますので」 「そう。じゃあ、コーヒー飲みながら、例の相談について聞きましょうか」#官能小説

まゆかん/官能小説家 @mayukansub

メニューを開く

〈108〉 振舞うと、健一がガツガツと気持ちの良い食べ方をした。つられて裕子もいつもよりも余計に食べてしまった。 「美味しいです」 「よかった」  つつがなく夕食が終わって、コーヒーでも淹れましょうか、と席を立った裕子は、普通にもてなしてばかりもいれないのだということに、#官能小説

まゆかん/官能小説家 @mayukansub

メニューを開く

彼がゆっくりと腰を動かし始めると体の芯から溶けていくような感覚が湧き出す。その快感に陶酔していると、「もっとしてあげるよ。」と小さなローターを取り出して、私の芯に這わせた。 #官能小説

官能小説bot @simomuraakari

メニューを開く

彼は私のもう一つの入り口にバイブを入れたまま、十分に熱く硬くなっているそれを根元まで一気に押し入れた。 「ああっ・・ん・・・・」 「すごい締め付けですね。そんなに気持ちいいんだ。」 #官能小説

官能小説bot @simomuraakari

メニューを開く

#官能小説 三次元補助素材 ~オナペットはリアル少女~ syosetu.net/pc/book.php?pi…

メニューを開く

「はぁんっ・・・・あっ・・あっ・・・・・いやっ・・・・お願い・・・・・」 「ほら・・・・欲しいんでしょ?・・・なら言わなきゃ・・」 「・・ぉ・お願い・・・・入れて・・・・お願い・・・あぁ・・・・」 「いい子だ・・」 #官能小説

官能小説bot @simomuraakari

メニューを開く

コスプレなりきりえっちで大胆に誘う姫とそれにこたえる絶倫騎士 |メルティーノベル #官能小説 #女性向け #メルノベ melty-novel.com/?p=1933&utm_so…

メルティーノベル 女性のための官能小説 @MeltyNovel

メニューを開く

【EP2-39 人妻の生保レディ】 僕「イ…クッ。」 ゆうな「ウンッ。ッン」 僕「ッア」 ドロッ ゆうなの口の中にたっぷりの精○が出た。 ゴクンッ。 ゆうな「飲んじゃった…//笑」 僕「バカ…//笑」 #官能小説 #大人の物語 #18禁

大人の物語🔞 紳士男爵 @sindan_0501

メニューを開く

【EP2-38 人妻の生保レディ】 だんだん激しくなっていく。 気持ち良すぎてゆうなが苦しそうにしてても腰が止まらない。 ゆうな「ゴホッ。ゴホッ。ッン」 僕「ヤバイ…イきそう…」 ゆうなの頭をさらに強く掴み腰を振る。 #官能小説 #大人の物語 #18禁

大人の物語🔞 紳士男爵 @sindan_0501

メニューを開く

【EP2-37 人妻の生保レディ】 ジュポジュポジュポジュポ。 ゆうな「ッンッン」 僕「ハァハァ。…ッン。ッアン」 ゆうなは自分の足を広げ、自分でマ○コを触りながら僕の肉棒を咥えて喘いでいる。 僕「ゆうな…さん……。」 #官能小説 #大人の物語 #18禁

大人の物語🔞 紳士男爵 @sindan_0501

メニューを開く

バイブと指を交互に出し入れしながら私の様子を楽しんでいた彼が、熱くいきり立った彼自身を私の芯に擦り付ける。 「はぁっ・・・・あっ・・あんっ・・・・んっ・・・・だめっ・・・」 「だめじゃないでしょ?・・・どうして欲しい?」 #官能小説

官能小説bot @simomuraakari

メニューを開く

今夜21:00~再放送です💕 官能小説朗読を聴き逃したアナタ‼️絶対に聴いた方が良いです🥹💕コーナー史上最も面白い回になりましたよ🤣 そしてアパレルコラボもここから始まった…👕🍀 #ララバイ部2火 #くるめラ #官能小説 #横浜旭 #貴志光憲 #工藤世名 #HoneyBeeBee ⬇️のツイートのリンクから聴けます👂

横浜旭@AkiraYokohama69

1ヶ月は一瞬 5月10日のアキララバイは レギュラー、キシコ&セナと! アキララバイ第2火曜日チームのハッシュタグ🤣Twitter #ララバイ部2火 再放送は23日21時〜 聴き方、メッセージ↓ fmplapla.com/fmhigashikurume #くるめラ #官能小説 #作曲 #横浜旭 #貴志光憲 #工藤世名

pic.twitter.com/lDEhqi9o7x

工藤世名🍻 @senna_kudo

メニューを開く

「藤川先輩が言った事、わかりますねえ・・・。あなたのここは厭らしいメスの匂いを漂わせ男を誘うんですよ。そして、こんなに欲しがっている・・・。」 #官能小説

官能小説bot @simomuraakari

メニューを開く

本日21時〜アキララバイ再放送! レギュラー、キシコ&セナと! アキララバイ×アパレルのコラボ情報も! アキララバイ第2火曜日チームのハッシュタグ🤣Twitter #ララバイ部2火 聴き方 fmplapla.com/fmhigashikurume #くるめラ #官能小説 #作曲 #横浜旭 #貴志光憲 #工藤世名 #HoneyBeeBee

横浜旭@AkiraYokohama69

1ヶ月は一瞬 5月10日のアキララバイは レギュラー、キシコ&セナと! アキララバイ第2火曜日チームのハッシュタグ🤣Twitter #ララバイ部2火 再放送は23日21時〜 聴き方、メッセージ↓ fmplapla.com/fmhigashikurume #くるめラ #官能小説 #作曲 #横浜旭 #貴志光憲 #工藤世名

pic.twitter.com/lDEhqi9o7x

メニューを開く

〈107〉 立派なケースに入れられたブランデーを手提げごといただくと、健一を食卓に招いた。 「話もあるけど、まずは食べましょうか。お腹空いてる?」 「お昼食べないで来ました」 「ふふっ、じゃあ、大したものじゃないけど、いっぱい食べてね」  肉をメインにした献立を、#官能小説

まゆかん/官能小説家 @mayukansub

メニューを開く

〈106〉 「ありがたいけど……学生にもらうには気が引けるわね」 「夕飯のお礼ということで」 「そんなに大したもの用意してないのよ」 「それに、お話も聞いてもらえるということですから」 「……うーん、じゃあ、遠慮なくいただくわね」  裕子は、#官能小説

まゆかん/官能小説家 @mayukansub

メニューを開く

〈105〉 認めた。その視線を裕子の目に戻す格好で、健一は手にしていた包みを渡してきた。 「あの、これ……」 「なあに?」 「よかったらなんですけど、ブランデーです」 「ええっ、レミーマルタンのXOじゃない。これ、わたしに?」 「義孝からブランデーが好きだってうかがっているので」#官能小説

まゆかん/官能小説家 @mayukansub

もっと見る

電車遅延(在来線、私鉄、地下鉄)

北海道東北関東中部近畿中国四国九州
全国の運行情報(Yahoo!路線情報)
よく使う路線を登録すると遅延情報をお知らせ Yahoo!リアルタイム検索アプリ