お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

ベストツイート

「おしっ!帰るかっ!」 「うん。」 エンジンをかけて車を走らせると、瞬く間に真っ暗な山道にすいこまれた。 「なんかタヌキとか出そうだよね。」 「出るかもね。山だもんな。」 真っ暗な道が少し怖くって、私はそんなくだらない話をふった。 #官能小説

RT @myst_break: Amazon Kindleストアでオリジナル小説を配信しています。 #官能小説 #近親相姦 #父娘 #母子 #兄妹 #姉弟 #百合 #同性愛 #乱交 #調教 #SM #寝取られ #不倫 #背徳 #孕ませ https://t.co/eyYwD0…

家庭内売春~兄嫁は義弟とあえいで稼ぐ~ #官能小説 #プルノベ purple-novel.com/?p=68&utm_sour…

Twitter官能小説パープルノベル@purplenovelcom

返信 リツイート 18:30

「こんな山奥だからこそだったりして。他に何にもなさそうだし。」 「ラブホかぁ・・」 半笑いの横顔。 「いや知らないけど。」 知ってても言わないけど・・・。 #官能小説

【156】     ※  ※  ※ 「……滝沢くん……だったね? 信じられないかも知れないが、野田はこういうことをやる男なんだよ。君の同意なく、こんなものを平気で他人に送る」 #官能小説

Twitter壬生紫紅(背黄青鸚哥)@sekisei00

返信 リツイート 18:07

「ところでさぁ。あんな山の上にネオンて何だろうね?」 亮の言葉に促されて視線の先に目を向けると、山の頂上近くにいかにもという色のネオンが光っていた。 「ラブホじゃない?」 「こんな山奥に?」 #官能小説

【155】 「その前に、ちょっとトイレに……あんたも熱燗はどうだ? ……白湯でいい? 俺の体はまだまだ満足してないようでね、追加してもらえんかな?」  後藤の頼みに源は部屋に備え付けの電話の受話器を上げた。  その間に後藤はトイレへと立って行った。 #官能小説

Twitter壬生紫紅(背黄青鸚哥)@sekisei00

返信 リツイート 16:07

「どうだろう?でもさ、ネオンって暗くならないと点かないから、行きは気がつかなかったんじゃない?」 「そっか。かもね。」 なんでもない今の時間がとても楽しくて、暗くて不安だと思いながらもちょっとぐらい迷ってもいいと思った。 #官能小説

【154】 「友人のことに触れざるを得ないのでね、本当は手に入れた経緯を話そうかどうが迷ったんだが……ただ、はしょってしまうとあんたのその好奇心に応えられない」 「おかげさまで今……私の好奇心は非常に刺激されていますよ、後藤氏」 #官能小説

Twitter壬生紫紅(背黄青鸚哥)@sekisei00

返信 リツイート 14:07

街頭も目印もない真っ暗の山道を走る不安を、他愛ない会話で紛らわす。 「・・あれ。道間違えたかな。」 「マジで?」 「うん。行きってこんな道通ったかな・・・。ほら、あの山の上に何かネオンが見えるじゃん、あんなの行きに無かったよね。」 #官能小説

【153】 「そうなると後藤氏、聞き手としてはますます面白くなってきましたね。その状況から、どうやってその娘を二人目の奴隷として手に入れることができたのか?」 #官能小説

Twitter壬生紫紅(背黄青鸚哥)@sekisei00

返信 リツイート 12:07

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#官能小説の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

トレンド(19:41時点)

この検索結果をシェア