お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
適合度順»

【市町村別産出額(#豚)】 全国順位を調べてみました♪ 茨城県の #鉾田市 が全国第4位にランクイン! ○平成30年 豚の市町村別産出額 第1位 都城市(宮崎県)205.4億円  : 第4位 鉾田市(茨城県)148.0億円 (農林水産省 市町村別農業産出額(推計)) #茨城 #統計 #農業産出額 pic.twitter.com/w6iGwr6hbF

Twitterいばらき統計情報ネットワーク@tokei_ibaraki

返信 リツイート7 11:27

#統計 「モデル内確率に過ぎないこと」は統計分析を自分では行わない一般人にとって極めて重要な教養だと思われる。 重大な危険に関する「95%信頼区間(もしくは95%信用区間)はこの範囲です」のような説明を聞いたときには「その区間が分析に用いたモデルに依存すること」を意識する必要があります。

Twitter黒木玄 Gen Kuroki@genkuroki

返信 リツイート1 12:27

RT @genkuroki: #統計 以下のリンク先のリンク先講義スライド(渡辺澄夫さんによる)も参照。

Twitter黒木玄 Gen Kuroki@genkuroki

返信 リツイート 20:56

RT @genkuroki: #統計 渡辺澄夫さんの『ベイズ 統計の理論と方法』に書いてあるi.i.d.のベイズ統計の理論くらいはそろそろ常識だとみなされるべきだと思う。 そういう数学的ややこしさと付き合わずに、主義や思想に関する考察でベイズ統計の真っ当な理解に至る道は存在し…

Twitter黒木玄 Gen Kuroki@genkuroki

返信 リツイート 20:55

RT @genkuroki: #統計 事前分布を考えることは「分かっていない値はすべて確率分布しているとみなす」というベイズ統計的な(非現実的な)数学的モデルでは普通。 そのような非現実的な数学的モデルの使用にテクニカルに(=広い意味で数学的に)大いにメリットがあるというのが…

Twitter黒木玄 Gen Kuroki@genkuroki

返信 リツイート 20:55

RT @genkuroki: #統計 実際に、そういう仕組みで、少なくともデータの生成法則がi.i.d.の場合には、非常にゆるい仮定のもとで、ベイズ推論の結果が収束し、その収束の仕方の挙動もかなり分かることが、渡辺澄夫さんによって分かっています。『ベイズ 統計の理論と方法』を参…

Twitter黒木玄 Gen Kuroki@genkuroki

返信 リツイート 20:55

RT @genkuroki: #統計 何でも確率分布しているという設定で使われる確率分布の密度函数は、純粋数学的には超函数論におけるtest functionとみなされ、ベイズ 統計的な設定では、収束の条件がゆるい超函数の意味での収束を考えることができます。 だから、ベイズ的…

Twitter黒木玄 Gen Kuroki@genkuroki

返信 リツイート 20:55

RT @genkuroki: #統計 問われるべき問題は、そのように「不明の値はすべて確率分布している」とみなす分析対象とは異なる法則を記述しているベイズ統計的な数学的モデルが、実際の分析において役に立つのかについてです。 思想や主義に関わる考え方をでの決着は当然排除されるべ…

Twitter黒木玄 Gen Kuroki@genkuroki

返信 リツイート 20:55

RT @genkuroki: #統計 分析に用いるモデル内では、数学的なモデルに過ぎないので、現実には決まった定数であるはずのパラメータが確率分布していると考えてもよい。 分析用のモデルと分析対象を混同しなければ、それで何も矛盾は発生しない。自明過ぎて当たり前の話。

Twitter黒木玄 Gen Kuroki@genkuroki

返信 リツイート 20:55

RT @genkuroki: #統計 渡辺澄夫さんを「形式的なベイズ統計」の解説者扱いというのはさすがに論外過ぎ。 例えば、渡辺澄夫著『ベイズ 統計の理論と方法』の枠組みで書かれた 浜田宏他著『社会科学のためのベイズ 統計モデリング』 という本も出版されています。これも「…

Twitter黒木玄 Gen Kuroki@genkuroki

返信 リツイート 20:41

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#統計の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

トレンド(22:51時点)

この検索結果をシェア