自動更新

並べ替え:新着順

ベストツイート
メニューを開く

「…この金貨を元手にして、君が僕たちと骨牌をするのだ。そうしてもし君が勝ったなら、石炭にするとも何にするとも、自由に君が始末するが好い。が、もし僕たちが勝ったなら、金貨のまま僕たちへ渡し給え。そうすれば御互の申し分も立って、至極満足だろうじゃないか。」 ~魔術  #芥川

芥川龍之介bot @ryunosuke_bot

メニューを開く

「いや、僕の魔術というやつは、一旦欲心を起したら、二度と使うことが出来ないのだ。だからこの金貨にしても、君たちが見てしまった上は、すぐにまた元の暖炉の中へ抛りこんでしまおうと思っている。」友人たちは私の言葉を聞くと、言い合せたように、反対し始めました。  ~魔術 #芥川

芥川龍之介bot @ryunosuke_bot

メニューを開く

「使えますとも。誰にでも造作なく使えます。ただ――」と言いかけてミスラ君はじっと私の顔を眺めながら、いつになく真面目な口調になって、「ただ、欲のある人間には使えません。ハッサン・カンの魔術を習おうと思ったら、まず欲を捨てることです。あなたにはそれが出来ますか。」 #芥川

芥川龍之介bot @ryunosuke_bot

メニューを開く

(承前)「蜃気楼か。」O君はまっ直すぐに前を見たまま、急にこう独り語を言った。それは或は何げなしに言った言葉かも知れなかった。が、僕の心もちには何か幽かに触れるものだった。 ~蜃気楼  #芥川

芥川龍之介bot @ryunosuke_bot

メニューを開く

僕はK君に返事をしながら、船の中に死んで行った混血児の青年を想像した。彼は僕の想像によれば、日本人の母のある筈だった。「蜃気楼か。」O君はまっ直ぐに前を見たまま、急にこう独り語を言った。(続) ~蜃気楼 #芥川

芥川龍之介bot @ryunosuke_bot

メニューを開く

(承前)僕等は、――殊にO君は拍子抜けのしたように笑い出した。「この方が反って蜃気楼じゃないか?」~蜃気楼  #芥川

芥川龍之介bot @ryunosuke_bot

メニューを開く

するといつか僕等の前には僕等の残して来た「新時代」が二人、こちらへ向いて歩いていた。僕はちょっとびっくりし、僕等の後ろをふり返った。しかし彼等は不相変一町ほど向うの笹垣を後ろに何か話しているらしかった。(続)~蜃気楼 #芥川

芥川龍之介bot @ryunosuke_bot

メニューを開く

「多襄丸の白状」あの男を殺したのはわたしです。しかし女は殺しはしません。ではどこへ行ったのか? それはわたしにもわからないのです。まあ、お待ちなさい。いくら拷問にかけられても、知らない事は申されますまい。その上わたしもこうなれば、卑怯な隠し立てはしないつもりで #芥川

芥川龍之介bot @ryunosuke_bot

メニューを開く

僕はいつか夏目先生が風流漱石山人になつてゐるのに驚嘆した。僕の知つてゐた先生は才気煥発する老人である。のみならず機嫌の悪い時には先輩の諸氏は暫く問はず、後進の僕などは往生だつた。成程天才と云ふものはかう云ふものかと思つたこともないではない。 ~文芸的な、余りに文 #芥川

芥川龍之介bot @ryunosuke_bot

メニューを開く

僕は上に書いた通り、頗る雑駁な作家である。が、雑駁な作家であることは必しも僕の患ひではない。いや、何びとの患ひでもない。古来の大作家と称するものは悉く雑駁な作家である。彼等は彼等の作品の中にあらゆるものを抛りこんだ。 ~文芸的な、余りに文芸的な #芥川

芥川龍之介bot @ryunosuke_bot

メニューを開く

しかし或小説の価値を定めるものは決して「話」の長短ではない。況んや話の奇抜であるか奇抜でないかと云ふことは評価の埒外にある筈である。~文芸的な、余りに文芸的な #芥川

芥川龍之介bot @ryunosuke_bot

メニューを開く

若し厳密に云ふとすれば、全然「話」のない所には如何なる小説も成り立たないであらう。従つて僕は「話」のある小説にも勿論尊敬を表するものである ~文芸的な、余りに文芸的な #芥川

芥川龍之介bot @ryunosuke_bot

メニューを開く

僕は「話」らしい話のない小説を最上のものとは思つてゐない。従つて「話」らしい話のない小説ばかり書けとも言はない。第一僕の小説も大抵は「話」を持つてゐる。デツサンのない画は成り立たない。それと丁度同じやうに小説は「話」の上に立つものである。~文芸的な、余りに文芸的 #芥川

芥川龍之介bot @ryunosuke_bot

メニューを開く

良心は道徳を造るかも知れぬ。しかし道徳は未だ甞て、良心の良の字も造ったことはない。  ~侏儒の言葉「修身」 #芥川

芥川龍之介bot @ryunosuke_bot

メニューを開く

一国民の九割強は一生良心を持たぬものである。~侏儒の言葉「修身」 #芥川

芥川龍之介bot @ryunosuke_bot

メニューを開く

庭のすだちに今年初めて花が咲きました。そのうち実もなるのでしょうか? #テマヒマ #すだち #すだちの花 #庭 #新緑 #古民家カフェ #隠れ家カフェ #高槻カフェ #高槻 #芥川 #暮らし 場所: 食のセレクトショップ&カフェ テマヒマ instagram.com/p/CObuC0TMWAo/…

テマヒマ @temahima_jp

メニューを開く

我我を支配する道徳は資本主義に毒された封建時代の道徳である。我我は殆ど損害の外に、何の恩恵にも浴していない。 ~侏儒の言葉「修身」 #芥川

芥川龍之介bot @ryunosuke_bot

メニューを開く

今日のおひるはテマヒマさん @temahima.jp の味噌キーマ。プチプチ&プチプチで美味しうございました。 #ご近所テイクアウト #芥川 instagram.com/p/COZ1yvaJ-aF/…

よしなが えりり @errie

メニューを開く

妄(みだり)に道徳に反するものは経済の念に乏しいものである。妄に道徳に屈するものは臆病ものか怠けものである。 ~侏儒の言葉「修身」 #芥川

芥川龍之介bot @ryunosuke_bot

メニューを開く

道徳の与えたる恩恵は時間と労力との節約である。道徳の与える損害は完全なる良心の麻痺である。 ~侏儒の言葉「修身」 #芥川

芥川龍之介bot @ryunosuke_bot

メニューを開く

道徳は便宜の異名である。「左側通行」と似たものである。 ~侏儒の言葉「修身」 #芥川

芥川龍之介bot @ryunosuke_bot

メニューを開く

同時に又百般の人事を統べる「偶然」の存在も認めるものである。が、あらゆる熱情は理性の存在を忘れ易い。「偶然」は云わば神意である。すると我我の自己欺瞞は世界の歴史を左右すべき、最も永久な力かも知れない。 ~侏儒の言葉 #芥川

芥川龍之介bot @ryunosuke_bot

メニューを開く

(承前) 青年は愉快な興奮を感じた。が、H老夫人は不思議さうに青年の顔を見ながら何度もかう呟つぶやくばかりであつた。「いえ、ロテイと仰有る方ではございませんよ。ジュリアン・ヴイオと仰有る方でございますよ。」~舞踏会 #芥川

芥川龍之介bot @ryunosuke_bot

メニューを開く

するとH老夫人は思ひがけない返事をした。「存じて居りますとも。Julien Viaud と仰有おつしやる方でございました。」「ではLoti だつたのでございますね。あの『お菊夫人』を書いたピエル・ロテイだつたのでございますね。」青年は愉快な興奮を感じた。(続)~ #芥川

芥川龍之介bot @ryunosuke_bot

メニューを開く

海軍将校はこの言葉を聞くと、思ひの外真面目に首を振つた。「日本の女の方も美しいです。殊にあなたなぞは――」「そんな事はこざいませんわ。」「いえ、御世辞ではありません。その儘すぐに巴里パリの舞踏会へも出られます。さうしたら皆が驚くでせう。… ~舞踏会 #芥川

芥川龍之介bot @ryunosuke_bot

メニューを開く

と同時に意外にも、その仏蘭西の海軍将校は、ちらりと頬に微笑の影を浮べながら、異様なアクサンを帯びた日本語で、はつきりと彼女にかう云つた。「一しよに踊つては下さいませんか。」 ~舞踏会 #芥川

芥川龍之介bot @ryunosuke_bot

メニューを開く

今では或雑誌社の二階に、校正の朱筆を握っている。が、彼はどうかすると、全然何の理由もないのに、その時の彼を思い出す事がある。全然何の理由もないのに?――塵労に疲れた彼の前には今でもやはりその時のように、薄暗い藪や坂のある路が、細細と一すじ断続している。 ………… #芥川

芥川龍之介bot @ryunosuke_bot

メニューを開く

父母は勿論その人たちは、口口に彼の泣く訣を尋ねた。しかし彼は何と云われても泣き立てるより外に仕方がなかった。あの遠い路を駈け通して来た、今までの心細さをふり返ると、いくら大声に泣き続けても、足りない気もちに迫られながら、………… ~トロッコ #芥川

芥川龍之介bot @ryunosuke_bot

メニューを開く

彼の家の門口へ駈けこんだ時、良平はとうとう大声に、わっと泣き出さずにはいられなかった。その泣き声は彼の周囲へ、一時に父や母を集まらせた。殊に母は何とか云いながら、良平の体を抱えるようにした。が、良平は手足をもがきながら、啜り上げ啜り上げ泣き続けた。 ~トロッコ  #芥川

芥川龍之介bot @ryunosuke_bot

メニューを開く

トロッコは最初徐に、それから見る見る勢よく、一息に線路を下り出した。その途端につき当りの風景は、忽ち両側へ分かれるように、ずんずん目の前へ展開して来る。顔に当る薄暮の風、足の下に躍るトロッコの動揺、――良平は殆ど有頂天になった。~トロッコ #芥川

芥川龍之介bot @ryunosuke_bot

メニューを開く

トロッコの上には土工が二人、土を積んだ後に佇ずんでいる。トロッコは山を下るのだから、人手を借りずに走って来る。煽るように車台が動いたり、土工の袢天の裾がひらついたり、細い線路がしなったり――良平はそんなけしきを眺めながら、土工になりたいと思う事がある。 ~トロッ #芥川

芥川龍之介bot @ryunosuke_bot

メニューを開く

僕の同級の哲学科の学生、僕の為に感激して曰く、「君もシエリングの如く除名処分を受けしか」と! シエリングも亦僕の如く三十円の金を出し渋しや否や、僕は未だ寡聞にしてこれを知らざるを遺憾とするものなり。 ~その頃の赤門生活 #芥川

芥川龍之介bot @ryunosuke_bot

メニューを開く

僕は二年生か三年生かの時、矢代幸雄、久米正雄の二人と共にイギリス文学科の教授方針を攻撃したり。場所は一橋の学士会館なりしと覚ゆ。僕等は寡を以て衆にあたり、大いに凱歌を奏したり。然れども久米は勝誇りたる為、忽ち心臓に異状を呈し、本郷まで歩きて帰ること能はず。 ~そ #芥川

芥川龍之介bot @ryunosuke_bot

もっと見る

トレンド0:00更新

  1. 1

    エンタメ

    ドラゴン桜

    • 日曜劇場
    • 伝説の講師
    • 柳鉄之介
    • 阿部寛
    • 柳先生
    • 平手友梨奈
    • ドラゴン桜2
    • 半沢直樹
    • バドミントン
    • TBS
    • 阿部
  2. 2

    ITビジネス

    湊あくあ

    • あくあ
    • YouTube
    • 3D
    • Aqua
    • booth
    • ザリガニ
    • st
  3. 3

    エンタメ

    瀬戸くん

    • 桜木先生
    • 楓ちゃん
    • 女王の教室
    • てちかい
    • 瀬戸輝
    • 藤井くん
    • バカハチマキ
    • 数学の先生
    • 性格の悪さ
    • 海ちゃん
    • 平成教育大学
    • 桜木
    • 平手ちゃん
    • 髙橋海人
    • 林遣都
    • ハリーポッター
  4. 4

    アニメ・ゲーム

    ぷてち

    • てち
    • サプライズ
    • 3D
  5. 5

    アニメ・ゲーム

    夏アニメ

    • ひぐらし
    • 転スラ
    • はめふら
    • 2021年
  6. 6

    エンタメ

    なーくん

    • ヴァンパイア
    • ジェルくん
  7. 7

    ITビジネス

    明日仕事

    • 明日から仕事
    • 仕事行きたくない
  8. 8

    スポーツ

    未来永劫

    • 豊田真由子
    • 五輪中止
    • オリンピック
    • 東京五輪
    • 東スポ
    • Yahoo!
  9. 9

    ITビジネス

    あくたん

    • あくあ
    • アイマイモコ
    • 3D
  10. 10

    東大専科

    • 桜木先生
    • 三日坊主
    • 桜木
    • Paravi
    • かぼちゃ
    • TVer

20位まで見る

電車遅延(在来線、私鉄、地下鉄)

北海道東北関東中部近畿中国四国九州
全国の運行情報(Yahoo!路線情報)
よく使う路線を登録すると遅延情報をお知らせ Yahoo!リアルタイム検索アプリ