お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

ラオス・ミャンマー国境の都市、景洪。ビルなどがたくさん建てられていてその分、労働者が各地から集まる。そんなガテン系の人たちの欲望を飲み込む、淫靡なエリアが整備されてて、うろついていると「100元(1600円)でどうかと声をかけられた。#中国 #雲南省 #西部大開発 #西双版納 #景洪 pic.twitter.com/5Lw0BV2ir5

ラオス・ミャンマー国境の都市、景洪は景気がかなり良いようで、求人が引きも切らない様子。そのため、この熱帯の都市に、中国全土から移住者が相次いでいる様子。中には、はるか遠く旧満州から移住してくる人たちすらいた。 #中国 #雲南省 #西部大開発 #西双版納 #景洪 pic.twitter.com/KWOyvcAtWm

ラオス・ミャンマー国境にある景洪。26年前に来たとき澜沧江(メコン川)の東側にはタイ族の村があった。しかし今やそこに村はすでになく、告庄西双景という名前の観光・ビジネスの一大拠点として開発が行われていた。土地の値段は急騰中!#中国 #雲南省 #西部大開発 #西双版納 #景洪 #地上げ pic.twitter.com/SZfQIMfkNi

ラオスとミャンマーとの国境に面する景洪。その街角で見つけたのが老年度假公寓と記された看板。中国の果てにある土地がこのように、富裕高齢者層目当ての食事付きレジデンス目的で開発され、漢民族を中心とした人たちが移住したりする。#中国 #雲南省 #西部大開発 #西双版納 #景洪 #中国の高齢化 pic.twitter.com/0WL26Sqtjh

中国ミャンマー国境に程近い打洛。国境を越えればかつての一大麻薬密造拠点。写真は中国側。プーラン族らしき女性が切り盛りするキノコ売店。地元で収穫したものを直売。女性の手にはスマホ。とすると電子決済OKのはず #中国 #雲南省 #西部大開発 #西双版納 #打洛 #ゴールデントライアングル pic.twitter.com/US93dPFDz1

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#西部大開発の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(21:46時点)

この検索結果をシェア