お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

寝坊して毎回遅刻の俺に遂に担任がキレた。ヤバい。まじヤバい。 親は早朝に出勤、アラームは止めてしまう。悪友に「何してもいいから起こせ」と頼み込んだ翌朝、鳴り続く呼び出し音に不機嫌な声で応答すると。 「あ…あの、おはよう」 片思い中の彼女からだった! #twnvday 「一発だろ?」 一発です。

平穏な暮らしを望んで、争いの元を遠ざけて生きてきた。犯罪に巻き込まれるから金も持たなかった。誰とも関わらず、人を愛するなどもってのほか。お陰で誰とも争わず憎まれる事もなく、何事もない平穏な人生だった。孤独と引き換えの平穏。幸せかどうかなんてわからない #twnvday #twnovel

Hey! 声を掛けられて振り向くと、時代が立っている。そんな格好で、どこへ行くのかい。時代が「先へ」応える。そんなに焦る必要はないだろ、どうだい一杯やらないか。時代が「もう行くよ」首を振り、笑う。そうなのか。また、会えるかな。時代が「いつでもそこに在るさ」もう姿は見えない。 #twnvday

バレンタインに貰えたからといって油断は禁物。兜の緒…いや、気合いの鉢巻を締めるが如く。その心がどんなに遠く揺れ動こうとも、この恋の矢でみごと射抜いてみせる。「きみ平成生まれだよね?」紅白饅頭を平らげてから君が平然と放った言葉がグッサリ。酷い。平たく言えば、失恋いたし候。 #twnvday

彼が「平成の間にやりたいことリスト」を作り始め、思いつくと書き加えている。ただしその内容は「エベレストに登る」だとか「コピ・ルアクを飲む」だとか。コピ・ルアクはまだしもエベレストには登れるかしら。とりあえず週末は美味しいコーヒーを飲んで、日和山に登る。そこから始めよう。 #twnvday

「着陸予定地が、ごつい岩だらけだ。」残念だが、今回は中止にしよう。「いや、手動に切り替えて自分で探してみる。」馬鹿言うな!燃料は残り僅かだぞ。「・・・。あった。」ガソリンスタンドか?「平らな場所だよ。」その星は人類初だ。いい散歩になるといいな^ ^ #twnvday

#twnovel 平らな君の胸に頭をのせ、君の鼓動に耳を澄ます。子供の頃のお医者さんごっこを思い出す。あの日も、こうやって心地よい君の鼓動を聞いていた。あれからあちこち旅をして遠回りもしたけど、ふたりとも何も変わっていない。だから、そろそろあの頃の約束を果たそうか。#twnvday

今日も常連のあの人が店に来たら話しかけよう、名前を聞こうと決意し、その時を待つ。鼓動は忙しなく、もはや心臓が得体の知れない何かに進化しているようだった、が。あの人が可愛らしい女性を連れて来店したのを見て、言葉を失った。心臓は進化をやめ、鼓動はすぐに平静を取り戻した。 #twnvday

#twnovel 誰に対しても等しく接することができるのは良いことだと思うよ。でもね、義理でも本命でも同じように返すのは流石にどうかと…えっ?誰からがどっちかわからない?…ひょっとして私からのも?あなたらしいのだけど…ううん、なんでもない。お返しありがとうね。とてもウレシイよ。 #twnvday

この村の平和は神様のおかげ。村長は一人旅で訪れた俺を歓待してくれたうえに、その神に会わせてくれた。「神様」豪奢な社の中には顔の腫れ上がった男が。「争いは憎悪から生まれる。なら憎悪の受け皿を作ればよい。が、……彼はもう使い物にならなくてね」ぽん、肩に手を置かれた。#twnvday #twnovel

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#twnvdayの分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(19:59時点)

この検索結果をシェア