お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
すべてのサイト»
更新日時順»

預金取引は、預金者本人または正当な代理権者を相手にすることが原則であるが、本人死亡後は、代理権も消滅し、代理権者との取引も無効となる。 #相続 #相続アドバイザー

遺留分は直系尊属のみの場合は1/3。それ以外は1/2。その割合を法定相続分で分け合う。 #相続 #相続アドバイザー

被相続人が、国民年金に加入していた場合、資格喪失の手続きは死亡日から14日以内に行わなければならない。 #相続 #相続アドバイザー #年金

遺留分減殺請求権で、算定の基礎となる財産は、特別受益を考慮する。 同権利は、遺留分権利者が相続の開始および減殺すべき遺贈または贈与があったことを知った時から1年行使しないときは、時効によって消滅する。 #相続 #相続アドバイザー

父親が認知した嫡出でない子は、その父母の婚姻により、嫡出子の身分を取得する。 #相続アドバイザー #民法

相続があったとき、未成年の相続人がいるときは法定代理人がいなければ遺産分割協議ができず、法定代理人の追認がない遺産分割協議書は無効となる。 #相続 #相続アドバイザー

相続人を特定するためには、現在の戸籍のみの確認では死亡直前の相続人しか記載されていないことがあるため、被相続人の出生時の戸籍まで遡る必要がある。 #相続 #遺産分割 #相続アドバイザー

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#相続アドバイザーの分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(13:15時点)

この検索結果をシェア