お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

銀行業務検定、一応、テキスト読んでから過去問3回分を回してから来たけど、少し舐めてた感。相続一般ならともかく、税法やら信託やら基礎控除やらで、行政書士でもやはり学習がいるかと。それに最近の過去問より難化傾向だった。知らん言葉が目立ったわ〜。 #銀行業務検定 #相続アドバイザー

Twitterたっけん61@行政書士事務所開業に、あと6ケ月!@hidebinss

返信 リツイート 10/28(日) 16:32

試験問題持ち帰り禁止はたまにあるが、「解答用紙持帰禁止」?解答持って帰ったら、合格しないじゃん! #相続アドバイザー #銀行業務検定 pic.twitter.com/OpOYHjAYmq

Twitterたっけん61@行政書士事務所開業に、あと6ケ月!@hidebinss

返信 リツイート 10/28(日) 13:08

(銀行業務検定) 債権者が相続人に主債務の弁済を請求した後、当該相続人が相続放棄をした場合でも、請求は認められない。はじめから相続人でなかったことになり、代襲相続の原因ともならない。従って資力ある相続人が相続放棄した場合、他の相続人から回収を図るしかない。 #相続アドバイザー

Twitterたっけん61@行政書士事務所開業に、あと6ケ月!@hidebinss

返信 リツイート 10/19(金) 17:25

(銀行業務検定) 主債務者の相続人が限定承認しても債務は消滅せず、保証人の補償債務は限定承認後も主債務全額について責任を負う。保証人は補償債務を履行することで主債務者の相続人に対し求償権を取得するが、保証人は相続人に対し相続財産の範囲でしか求償できない。 #相続アドバイザー

Twitterたっけん61@行政書士事務所開業に、あと6ケ月!@hidebinss

返信 リツイート 10/18(木) 21:43

(銀行業務検定) 全相続人が相続放棄した場合、相続債務は相続財産法人に帰属することになるが、それが抵当権に影響を与えることはない。 #相続アドバイザー

Twitterたっけん61@行政書士事務所開業に、あと6ケ月!@hidebinss

返信 リツイート 10/18(木) 10:10

(銀行業務検定) 限定承認された場合、債務者の相続人は相続財産の範囲でしか責任を負わないが、抵当権が設定された被担保債権は限定承認の影響を受けず、抵当権実行にて優先弁済を受けることができる。限定承認がなされた場合、抵当権実行による回収を検討すべきである。 #相続アドバイザー

Twitterたっけん61@行政書士事務所開業に、あと6ケ月!@hidebinss

返信 リツイート 10/17(水) 22:09

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#相続アドバイザーの分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(21:48時点)

この検索結果をシェア