お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

ベストツイート

④僕らとしては、いよいよ回りくどい表現となっても根源の恐怖を示すよりほかはない。しかも、その回りくどさが自己目的にならないよう、どこかで自分から離れた断定を下す必要にも迫られている。」(終) 拙著『生命力の行方』に収録されている対談「震災後の文学の言葉」より、古井由吉さんの言葉。

RT @furuiyo: 「新潮」2020年5月号(4月7日発売)予告 古井由吉「遺稿」/「追悼・古井由吉」蓮實重彦 島田雅彦 佐伯一麦 平野啓一郎 又吉直樹(「波」2020年4月号)

RT @furuiyo: 「新潮」2020年5月号(4月7日発売)予告 古井由吉「遺稿」/「追悼・古井由吉」蓮實重彦 島田雅彦 佐伯一麦 平野啓一郎 又吉直樹(「波」2020年4月号)

先日お亡くなりになられた古井由吉さんの芥川賞受賞作「杳子」読了。 男女の危うい関係を独特の文体で描きだす。日本語の奥深さを改めさせられた。 #古井由吉 #杳子・妻隠 #新潮文庫 pic.twitter.com/KsMDoExDRA

先月2月に亡くなられた古井 由吉さんの1971年芥川賞受賞作「杳子」を読みました。 ameblo.jp/ryumidee/entry… #その本に音楽をならそう #菊池成孔 #DubSextet #ジャズ #古井由吉 #杳子 #パニック障害 #jazz #sax #芥川賞 #追悼

RT @DADA21C: 『ゆらぐ玉の緒』 古井由吉 乱さぬがよい。この自然の祝日を。これは自然が手づからおこなふ刈り入れにほかならない。 季節が幾度も繰り返す実りの最中にまっすぐに落下する果実の音。 そうした「稔りの飽和」の静かな重みではあるまいか。 平野啓一郎 ht…

Twitter🐯穂苅堂😸🐶RT専科@0cgMQabDkDPM12s

返信 リツイート 17:18

古井由吉の短編を読むにつけ思うのは、小説の小説たる所以は一体どこにあるのだろうかということ。

RT @DADA21C: 『ゆらぐ玉の緒』 古井由吉 乱さぬがよい。この自然の祝日を。これは自然が手づからおこなふ刈り入れにほかならない。 季節が幾度も繰り返す実りの最中にまっすぐに落下する果実の音。 そうした「稔りの飽和」の静かな重みではあるまいか。 平野啓一郎 ht…

RT @DADA21C: 『ゆらぐ玉の緒』 古井由吉 乱さぬがよい。この自然の祝日を。これは自然が手づからおこなふ刈り入れにほかならない。 季節が幾度も繰り返す実りの最中にまっすぐに落下する果実の音。 そうした「稔りの飽和」の静かな重みではあるまいか。 平野啓一郎 ht…

返信先:@13zenzaemon はじめまして こちらこそフォローをいただき、ありがとうございます。 古井由吉氏を読むきっかけになれたようで嬉しく思います。 どうぞよろしくお願いいたします。

返信先:@suzurierin はじめまして。 フォロー頂き、有難うございます。 古井由吉氏の本、これまで読めていませんでした。 これを機に、読んでみます。

Twitter小口善左衛門🏚️記憶する建物@13zenzaemon

返信 リツイート 12:38

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

古井由吉の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

トレンド(18:46時点)

この検索結果をシェア