自動更新

並べ替え:新着順

ベストツイート
メニューを開く

【京都・岡崎・東山情報】ランチ情報① うどんなら、山元麺蔵、岡北か!すぐ近くなので、行列の長さで選んでみては? #平安装束

京都発!着たまま観光!平安装束 @Ownhand

メニューを開く

【平安時代のなるほど】平安時代の美男・美女は、現代とは正反対の下脹れのふっくらさん。目は眠ったように細く、鼻はくの字に似た感じ。そんな顔がモテるのなら平安時代に行ってみたいという人も少なからずいらっしゃるかもしれませんね。 #平安装束

京都発!着たまま観光!平安装束 @Ownhand

メニューを開く

【平安時代のなるほど】平安時代の女性の髪型の基本は垂髪。高貴な女性は少女の頃はモミアゲ部分の鬢(びん)を伸ばし、成人になると鬢をそいで短くする鬢そぎがおこなわれていました。 #平安装束

京都発!着たまま観光!平安装束 @Ownhand

メニューを開く

【京都・岡崎・東山情報】水路閣は、琵琶湖疏水事業の一環として施工された水路橋で、延長93.17メートル、幅4.06メートル、水路幅2.42メートル、煉瓦造、アーチ構造の優れたデザインを持ち、京都を代表する景観の一つ。毎秒2トンの水が流れています。 #平安装束

京都発!着たまま観光!平安装束 @Ownhand

メニューを開く

オクでぶち落とした新作!!(御匠の作品ww) #うちのこ美美しい 💙❤️🤍 #平安装束  #袿  #27cmドール pic.twitter.com/yC0QV1way6

マダム💜アザト━━ス @Madam_Azathoth

メニューを開く

【平安時代のなるほど】現代でもなくなないけれど、馴染みが少なくなってきた衣替え。平安時代は1年を2期に分け、夏の装束は旧暦の4月1日からで冬は10月1日からおこなっていたそうです。時代が下がるにつれて、武家や庶民も衣替えをするようになりました。 #平安装束

京都発!着たまま観光!平安装束 @Ownhand

メニューを開く

【平安時代のなるほど】烏帽子(えぼし)は冠に次ぐ男性の被り物で、日常的に使用されていました。室町時代以前は被り物をせず頭頂部をさらすのは恥ずかしいことだったらしく、寝る時も入浴時にも被っていたそうです。 #平安装束

京都発!着たまま観光!平安装束 @Ownhand

メニューを開く

【京都・岡崎・東山情報】南禅寺の本尊は釈迦如来、開基(創立者)は亀山法皇、開山(初代住職)は無関普門(大明国師)。日本最初の勅願禅寺であり、京都五山および鎌倉五山の上におかれる別格扱いの寺院で、日本の全ての禅寺のなかで最も高い格式をもつ。 #平安装束

京都発!着たまま観光!平安装束 @Ownhand

メニューを開く

【京都・岡崎・東山情報】南禅寺は臨済宗南禅寺派大本山の寺院である。山号は瑞龍山、寺号は詳しくは太平興国南禅禅寺(たいへいこうこくなんぜんぜんじ)である。 #平安装束

京都発!着たまま観光!平安装束 @Ownhand

メニューを開く

【京都・岡崎・東山情報】店舗から、西へ約16分で南禅寺です。法堂、三門、水路閣、インクラインなど撮影スポットが一杯です。緑に平安装束は映えます。 #平安装束

京都発!着たまま観光!平安装束 @Ownhand

メニューを開く

【平安時代のなるほど】市女笠にかかっている白い布は雨風や暑さ(今なら紫外線?)を防ぐためのもの。一方で、高貴な女性が顔を人目にさらすのを嫌ったためとも言われています。 #平安装束

京都発!着たまま観光!平安装束 @Ownhand

メニューを開く

【平安時代のなるほど】壺装束とは平安時代中期以降に用いられた身分の高い女性の外出着。身分の高い人女性は基本的に牛車(ぎっしゃ)を利用したのですが、そういう乗り物が使えない時に適した服装でした。 #平安装束

京都発!着たまま観光!平安装束 @Ownhand

メニューを開く

【平安時代のなるほど】十二単は本当に十二枚重ねていると思っている人が多いのですがそうではありません。もともとたくさん重ね着をしているという意味からつけられた呼び名だそうです。 #平安装束

京都発!着たまま観光!平安装束 @Ownhand

メニューを開く

【京都・岡崎・東山情報】京懐石美濃吉の名称の由来です。美濃から出てきて代々吉兵衛といっていたようで、それが詰まって「美濃吉」となったのは、明治になってからのことのようです。 #平安装束

京都発!着たまま観光!平安装束 @Ownhand

メニューを開く

【京都・岡崎・東山情報】美濃吉は特に鴨川沿いにあったので、代々川魚料理を扱い、その川魚料理が美濃吉の名物になっていきました。川魚料理に使う魚は、鮎、鯉、鮒をはじめ鰉(ひがい:これは、明治天皇が好まれた魚)、諸子(もろこ)、ごり、サギシラズ、さらには鰻 #平安装束

京都発!着たまま観光!平安装束 @Ownhand

メニューを開く

『どうよ』 ヒメちゃん「wwww 黒の #小袿 に合いそうな襲色目ww」 『だろ? 単衣は色色あるけど、千鳥格子は起用したこと無かったし』 ヒメ「オレンジのかさね袿と長袴は?」 『いやあ、それはほら、うん…』 ヒメ「ちゃんと考えてデザインしろや!!ww」 #平安装束 #27cmドール pic.twitter.com/J0KNJVOkaw

マダム💜アザト━━ス @Madam_Azathoth

メニューを開く

【京都・岡崎・東山情報】京懐石美濃吉本店竹茂楼の続き。その後、川魚生洲料理屋としての形をととのえていき、江戸時代後期には京都所司代から認可を受けた川魚生洲8件の内の一軒として川魚を主体とする料理屋を営むようになりました。 #平安装束

京都発!着たまま観光!平安装束 @Ownhand

メニューを開く

#小袿 ... #小袿 ... ああああああああああああああああ!! ヒメちゃん「落ち着け! ここ item.rakuten.co.jp/toraya-fabric/… から再入荷した案内来ただろ!」 『いや…他にもぉ…』 #平安装束 #27cmドール pic.twitter.com/NnnoVEiz4A

マダム💜アザト━━ス @Madam_Azathoth

メニューを開く

【京都・岡崎・東山情報】 京懐石美濃吉本店竹茂楼について。 美濃吉のはじまり・・享保年間(1716~1736年)、八代将軍吉宗の時代に、美濃の国大垣から京都に移り、現在の三条京阪の付近である大和大路三条下がった所に、腰掛茶屋を開いたのが「美濃吉」の始 #平安装束

京都発!着たまま観光!平安装束 @Ownhand

メニューを開く

【平安時代のなるほど】女房装束には唐衣裳(からぎぬも)・直衣(のうし)・晴装束(はれのしょうぞく)・五ツ衣(いつつぎぬ)など実にさまざまな呼び名があるのですが、やはり最も有名なのが十二単ですね。 #平安装束

京都発!着たまま観光!平安装束 @Ownhand

メニューを開く

【平安時代のなるほど】水干姿は鎌倉時代における武家社会の礼装で、狩衣姿の下位に直垂(ひたたれ)の上位にありました。動きやすさなどの理由からそのうち公家社会にも取り入れられたそうです。 #平安装束

京都発!着たまま観光!平安装束 @Ownhand

メニューを開く

【京都・岡崎・東山情報】平安神宮神苑は京都府京都市左京区にある池泉回遊式の近代日本庭園。平安神宮の大極殿背後の周囲三方に配された南神苑、西神苑、中神苑、東神苑で構成される。面積は33,000平方メートル、作庭は小川治兵衛、国の名勝に指定されている。( #平安装束

京都発!着たまま観光!平安装束 @Ownhand

メニューを開く

【京都・岡崎・東山情報】 博覧会の後は建物はそのままに、平安遷都を行った天皇であった第50代桓武天皇を祀る神社として創祀された。皇紀2600年にあたる1940年(昭和15年)に、平安京で過ごした最後の天皇である第121代孝明天皇が祭神に加えられた。 #平安装束

京都発!着たまま観光!平安装束 @Ownhand

メニューを開く

【京都・岡崎・東山情報】1895年(明治28年)当初は実際に大内裏があった千本丸太町に朱雀門が位置するように計画されたが、用地買収に失敗し、当時は郊外であった岡崎に実物の8分の5の規模で復元された。 #平安装束

京都発!着たまま観光!平安装束 @Ownhand

メニューを開く

【京都・岡崎・東山情報】1895年(明治28年)3月15日に平安遷都1100年を記念して京都で開催された内国勧業博覧会の目玉として平安京遷都当時の大内裏の一部復元が計画された。 #平安装束

京都発!着たまま観光!平安装束 @Ownhand

メニューを開く

【京都・岡崎・東山情報】平安神宮は、京都府京都市左京区にある神社である。旧社格は官幣大社、勅祭社。現在は神社本庁の別表神社。 #平安装束

京都発!着たまま観光!平安装束 @Ownhand

メニューを開く

【京都・岡崎・東山情報】京都市美術館からさらに北へ100メートルいよいよ平安神宮です。撮影ポイントがいっぱいです。お好みのスポットを探してみてください。 #平安装束

京都発!着たまま観光!平安装束 @Ownhand

メニューを開く

【平安時代のなるほど】武家社会での狩衣の扱いは公家社会とは違っていたそうです。武家社会では狩衣は束帯に次ぐ礼装でした。 #平安装束

京都発!着たまま観光!平安装束 @Ownhand

メニューを開く

【平安時代のなるほど】公家社会において狩衣姿はあくまで日常着。だから、宮中への参内(さんだい)は許されなかったそうです。その一方、上皇の政治の場である院御所への院参許されていました。 #平安装束

京都発!着たまま観光!平安装束 @Ownhand

メニューを開く

【京都・岡崎・東山情報】大鳥居の東側は、京都市美術館。前の広場で、め~いっぱい撮影をたのしみましょう! #平安装束

京都発!着たまま観光!平安装束 @Ownhand

メニューを開く

【京都・岡崎・東山情報】鳥居の手前には、疎水が東西に流れてます。疎水沿いには緑も多く撮影ポイントです。シーズンには、十石船に乗れます。(有料) #平安装束

京都発!着たまま観光!平安装束 @Ownhand

メニューを開く

【京都・岡崎・東山情報】神宮道商店街を抜けるとすぐに平安神宮の大鳥居です。高さは、24.2メートル。鳥居全体とご自分を一緒に撮影できるポイントを探してみてください。車には注意! #平安装束

京都発!着たまま観光!平安装束 @Ownhand

メニューを開く

【平安時代のなるほど】「着たまま観光!平安装束」で男性が着る狩衣姿はもともとは民間で用いられていた狩装束でしたが、軽快さや簡便さから公家に取り入れられるようになり、日常着となったのです。 #平安装束

京都発!着たまま観光!平安装束 @Ownhand

メニューを開く

【平安時代のなるほど】束帯の正式名は文管束帯姿。天皇や文官、公卿以上の上位武官の礼装です。原型は平安時代にほぼ完成され、その後はいくつかの部分が省略されるかされないかぐらいの変化しかしていなのだそうです。 #平安装束

京都発!着たまま観光!平安装束 @Ownhand

メニューを開く

【京都・岡崎・東山情報】京つけもの西利の茄子は大好きです。店内で食事もできます。 #平安装束

京都発!着たまま観光!平安装束 @Ownhand

メニューを開く

【京都・岡崎・東山情報】小倉山荘の割れおかき販売の日は、朝から行列ができます。 #平安装束

京都発!着たまま観光!平安装束 @Ownhand

トレンド6:44更新

  1. 1

    ニュース

    空が赤い

    • 空の色
  2. 2

    始発ダッシュ

    • りんかい線
  3. 3

    ニュース

    五十嵐一

    • 悪魔の詩
    • サルマン・ラシュディ
    • ラシュディ
    • サルマン
  4. 4

    スポーツ

    堂安

    • ムココ
    • フライブルク
    • ドルトムント
    • モデスト
  5. 5

    誰が殺したクックロビン

    • クックロビン音頭
    • クックロビン
  6. 6

    エンタメ

    木梨の会

  7. 7

    フレッケン

  8. 8

    スポーツ

    セビージャ

  9. 9

    エンタメ

    中居

    • 中居正広
  10. 10

    ニュース

    秋田県五城目町

    • 緊急安全確保
    • 五城目町
20位まで見る
よく使う路線を登録すると遅延情報をお知らせ Yahoo!リアルタイム検索アプリ