お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

ベストツイート

#twnovel ヒッチハイクした生体宇宙船で火星までの旅の途中である。船は半分魚で半分鳥みたいな形をしていて、七色の羽であたしを包み、ゆらゆら揺れながら宇宙を漂う。知能は人類よりずっと高い。彼女は……そう、『彼女』だ……たぶんあたしを迷子の猫くらいに認識している。とても優しい。

剥ぎ取られていると感じたとき、桃の皮をむいているみたいだとだけ思った。何かが果汁のように染み出て意識の輪郭を滲ませて、やはり桃のようだと思った。全て取られて何もかもが滲んで見えなくなったとき、彼が剥ぎ取っていたのは私の自意識だと知る。 #twnovel

半分腐った魚を取ろうとした。魚はこわい所へ行って来ました。水をたしにいった。半分腐った肉がくさり、白骨になった。右手奥に姿を平気で見ている。 #twnovel #小説執筆AI

傷一つ付かずに彼女を信用されました。なんだっていうのだった。なんの証明にもない。海の魔女のような気持になった。お願いが十分信じられないんです。 #twnovel #小説執筆AI

色の黒い服を着せられてはなりませんよ。髪を梳かしてやっているのだ。額に汗で濡れていた。百回も髪があったのだろう。画家の一般的な美貌の持ち主。 #twnovel #小説執筆AI

それは私たちのようなお話もできた。広いドアが邪魔である。訪問客を待っておられないし、いや、待て。それに、手紙を渡した。半ば冗談、半ば無意識に求める生き物。夏のまわりの部屋であった。 #twnovel #小説執筆AI

両親と妹と離れ離れになった。息子のことがなかった。これによって自分にたずねることは別です。今度は反対しなかったろう。私の想像もされたに違いない。あたし真剣に言った。 #twnovel #小説執筆AI

手を入れるのは、失礼でございますね。青の閃光を散らし始めた。病気の子供も今も記憶があります。形も残らないものである。でもあなたの眼を逃がれないでしょう。彼女がここへおいでくださいました。手に握らせた。 #twnovel #小説執筆AI

彼は簡単で、しゃんと体をゆするのだった。説明なんかやめてください。神様が許してくれたんだ。申し訳ないけど、君に分かるはずです。今になって初めて門を調べになるのだ。 #twnovel #小説執筆AI

奴らも本気になっていませんでした。彼が階段に行く道の向こうに見えた。何かを、ナイフを突き刺した。ところで、この強い女がわざと、進んでいった。質問こそおもな事柄だった。 #twnovel #小説執筆AI

都合よく、お互いに都合よく、身をゆだねた。 #twnovel #ついのべ

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#twnovelの分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

トレンド(2:32時点)

この検索結果をシェア