お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

ベストツイート

#twnovel 旅の僧は、握り飯を男の鼻先に近づける。「この山の狐はよく人に化けると聞いたが、少し違うな。視界を操って、人の目に人の姿が映るようにしているだけだ」「ほう?」「それさえ見破れば、この握り飯を取ろうとぴょこぴょこ跳び跳ねている狐、お前の小さい可愛い姿がよく見えるぞ」

《やめてください。この子だけは...それだけは。この季節に死んだトナカイはポトフに入れなければならない。それがこの国のルールなのです。》 「ん、んんぅ、、。」 窓開けて寝てたのか。太陽が眩しい朝だ。布団から出ていた足が氷のように冷たい。あれっ、ここは... #冬空のポトフ #twnovel

Twitter亜座嵐@冬空のポトフ@lovepajent

返信 リツイート 25分前

返信先:@ryuka511 ついに魔王の前にたどり着いた。仲間は全て倒れ僕一人。それでも魔王を倒さなければならない。世界の人たちのために。「人間に全ての魔物がやられたようだ」あとは魔王だけ。「でも地上の人間たちも全員死んだ。生き残ったのは俺とお前だけだ。それでも俺を殺すかね?」#twnovel #twnvday #twremix

“歌には歌の、組討には組討の理合があるのです。” “おっかねえ話だ。亡骸がいくつ転がるか分かりゃしねえ。” “はい。生きたまま魂を奪うか、倒して首を取るのかの違いしかございません。” “真っ平御免。” “逃れる術はありません。あなたはこの迷宮をさまよい、さだめを試すしかないのです。” #twnovel

「たけし、実はお父さんの正体はサンタなんだ」そういうと一瞬のうちに親父が赤服の愉快な爺さんになった。さらに庭を見ると飼い犬のジョンがいた場所に首輪につながれたトナカイが一匹。「なんだよこれ!母さんいったいどう…な…て…」振り返ると母さんがいた場所にはソリが一台 #twnovel

何日も飛び込まない日々を過ごしたら、飛び込み方を忘れていく。いざ飛び込んでみれば怪我をして、二度と飛び込まないでおこうと思い定めるかもしれない。そんなふうに考えていくと怖くなって、また飛び込まないでおく。怪物に抱きつかれたら、飛び込むのだろうか。#twnovel #poetry

中学の同窓会。久しぶり。どうしてたの。変わらないね。大学を卒業し就職した2人は、これまで別の人生を歩んでいて、会うこともほとんどなかった。ここに来れば彼に会えると思っていたのかもしれない。次に会えるのはいつだろう。私たちは、またねと言って、家路につくのだ。 #twnovel

今日も私は蝶を折る。使う紙には1日の出来事を書いておく。大抵は大好きなあの人のことを書く。一緒に帰った、とか、日が暮れるまでお喋りした、とか。些細と言われるような、でも最高に幸せな日々の出来事を書く。書き終わって、蝶の形に折ると、蝶は隣の私へと、ひらりひらりと飛んでいく。#twnovel

いつの頃からか自覚していた身体の奥深くこもる熱を、彼だけに委ねて解き放たれた時この身体匂い立つことを、もう、堕落としか言うことができないのだとしても、南国のオレンジのように最後まで香り高く腐ってゆくことだけは望んでも、許されるのかもしれない。 #twnovel

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#twnovelの分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

トレンド(1:27時点)

この検索結果をシェア